中古車販売 整備工場 軽自動車 車検 経営コンサルタント 菊池正寛
菊池 正寛

2015年5月11日

こんにちは。船井総合研究所 オートビジネス支援部菊池正寛です。
只今私達の開催する勉強会で無料お試し参加受付中です。
詳しくは、こちらからご覧ください。

今回は「定期的な他店視察で自社の強みを明確にする」についてお伝えします。

多くの会社では、自社の商圏エリア内に、同業他社のお店があると思います。
突然ですが、定期的に同業他社の店舗チェックをしてますでしょうか。

一般のお客様は、常に、自社と他社を見比べています。
最低でも年に1回は、近隣エリアにある同業他社のお店を視察して、その変化に気づく機会を作ってください。

クルマ屋さんの場合、お店の中まで入ることが難しい場合もあると思いますので、店舗の外から様子を確認するだけでもよいと思います。

それでは、クルマ屋さんの他店視察のポイントを以下でお伝えします。
「船井流差別化の8要素」という8つの切り口で視察していただくと、より差別化できるポイントが明確になりますので参考にしてみてください。

(1)立地
・他店の店前交通量の変化
・他店の周辺の商集積(複数の小売店舗や関連施設が集まったエリア)の様子
・周辺人口の増減

(2)規模/売り場面
・店舗面積の増減
・展示場面積、工場面積の増減
・展示在庫台数の増減
・工場ストール数の増減

(3)ストアロイヤリティ/ブランド力
・ブランド力の変化、ブランド価値向上への取り組み
・地域での認知度の変化

(4)商品力
・商品構成の変化
・在庫台数やプライスの変化

(5)販促・企画力
・チラシの有無
・テレビ、ラジオ販促の有無
・その他の集客施策の有無と変化

(6)接客力
・スタッフの身だしなみや笑顔
・店頭POPの豊富さ
・お出迎え、お見送り体制の有無

(7)価格力
・商品プライスの変化
・安さ訴求の強さ

(8)固定客化力
・アフターサービス(車検工場、鈑金工場、レッカー)の有無と変化

いかがでしょうか。

上記の8つの切り口で他店を視察してみてください。
変化の様子が分かりやすく、自社の差別化のポイントも見つけやすくなります。
そして、改めて自社の強みを明確にし、さらに伸ばしていくためにはどうしたらよいのかを考えましょう。

他店視察後には、会議などで全社員に他店の様子を伝えることもオススメです。
ぜひ取り組んでみてください。

菊池正寛が主催する勉強会
経営トップが年収1000万払っても惜しくない
幹部社員を育成する!
経営幹部育成塾
「オートビジネス店長アカデミー」は、こちらからご覧いただけます。

 

 >>コンサルタント 菊池正寛 プロフィールへ
 >>コンサルタントコラム 菊池正寛 一覧へ
 >>コンサルタントコラム 一覧へ




お問い合わせ

オートビジネスグループ 担当:加藤

▼お電話の場合は、03-6212-2931までご連絡ください。
※ 平日9時30~17時30分(土日祝は定休)
※ お電話いただく際に、 「船井総合研究所 オートビジネスグループのサイトを見た」
とお伝えください。

▼メールでのお問い合わせ: お問合せフォームはコチラ

船井総合研究所(東証一部上場 船井総研ホールディングスグループ)サイト お電話でのお問い合わせはコチラ

平日9時30~17時30分

船井総合研究所(東証一部上場 船井総研ホールディングスグループ)サイト お問合せフォームはコチラ