中古車販売 整備工場 軽自動車 車検 経営コンサルタント 服部憲
 服部 憲

2015年2月12日

こんにちは。船井総合研究所 オートビジネス支援部服部 憲です。
只今私達の開催する勉強会で無料お試し参加受付中です。
詳しくは、こちらからご覧ください。

今回は「マネジメントで言ってはいけない7つの言葉」についてお伝えします。

部門長や上司・先輩が日ごろ教育のために使っている言葉は何でしょうか?

特に自動車業界では、部門長自身が過去にまともな育成をされてきておらず、 「見て覚える」「怒られながらも耐え忍ぶ」様な働き方をされてきた方が非常に多くいらっしゃると思います。

しかしながら、新卒採用をされている会社、若手(20代)社員がいらっしゃる会社様では、 部門長の教育・育成に関わる意識変革が必要な時期が来ています。

なぜなら、「ゆとり教育」を受けた社員の比率が今後高まりますし、 その世代が主力となる時代がやってくるので、変化に向けた準備を進めなければならないのです。

では、その若手世代の部下に言ってはいけない7つの言葉を紹介します。

1)批判 ・・・「そのような考え方はおかしい、間違っている!」など
2)説教 ・・・「なんだ、あの対応は! そもそも心構えが悪い!」など
3)命令 ・・・「いいから言うとおりにやれ!」など
4)無関心 ・・・「よくわからないけどいいんじゃない、好きにやってよ」など
5)放棄 ・・・「俺も忙しいのだから、そんなことは自分で考えてくれよ!」など
6)転嫁 ・・・「俺の意見はともかく社長がダメと言ってるんだよ」など
7)脅し ・・・「これをやらないと評価に響くぞ!」など

いかがでしょうか?
おそらく、皆さん言ったことも言われたこともあるような言葉が多数あるのではないでしょうか?
経営者の皆様も言ったことがあると思います。

上記の7つの言葉をすべて言わないということは、日常業務の上で非常に難しいと思います。

しかし、まずこういった言葉が部下のモチベーションを下げ、信用を落とすという事実を認識し、できる限り言わないようにするということを意識するだけでもマネージャーとしての能力が上がります。

部下と向き合い、教育していくということは、非常に力の必要なことなので、マネジメントをする部門長は少しずつ現場作業から離れ、マネジメントに重きを置いた時間配分をさせていくことをオススメいたします。

服部 憲がお勧めする
会社の規模に応じた、将来を見据えた、
あなたの会社オリジナルの給与・評価制度を構築します。
新しい給与・評価のしくみで、社員のヤル気をアップさせ、
また経営の健全化を図りませんか。

評価・給与制度構築
は、こちらからご覧いただけます。

 

 >>コンサルタント 服部憲 プロフィールへ
 >>コンサルタントコラム 服部憲 一覧へ
 >>コンサルタントコラム 一覧へ

お問い合わせ

オートビジネスグループ 担当:加藤

▼お電話の場合は、03-6212-2931までご連絡ください。
※ 平日9時30~17時30分(土日祝は定休)
※ お電話いただく際に、 「船井総合研究所 オートビジネスグループのサイトを見た」
とお伝えください。

▼メールでのお問い合わせ: お問合せフォームはコチラ

船井総合研究所(東証一部上場 船井総研ホールディングスグループ)サイト お電話でのお問い合わせはコチラ

平日9時30~17時30分

船井総合研究所(東証一部上場 船井総研ホールディングスグループ)サイト お問合せフォームはコチラ