page top

このサイトは(株)船井総合研究所【東証1部上場(株)船井総研ホールディングス】のオートビジネスグループが運営しています。

船井総研オートビジネス経営研究会

電話番号03-6212-2931 お問い合わせ マイページ 【担当】アサノ・イノウエ【受付時間】平日9:00~17:30
情報収集 コンサルタントコラム 文野陽太 明日から使える、中古車販売店のWEB強化項目
2019.04.11

文野陽太:明日から使える、中古車販売店のWEB強化項目

いつもお世話になっております。船井総合研究所モビリティ支援部 文野陽太です。

今回は、『明日から使える、中古車販売店のWEB強化項目』についてお伝えします。

 

2019年最初の3ヶ月が終わりましたが、皆様の販売状況はいかがだったでしょうか。

私がメインで担当させていただいている軽中古車専門店の会社様は

昨年対比で販売台数を伸ばされた会社様が多く、好調であった印象です。

特に実績が堅調に伸びている会社様の強化項目として外せなくなってきているのが

WEB関連の取り組みです。

 

今回は実績好調な会社様が注力している、

WEB集客の取り組みを3つお伝えさせていただきます。

①TOPページ目玉車による低価格訴求

車販専用の自社HPでは、TOPページで「おすすめ車」「WEB限定目玉車」として

自社の特選在庫を掲載することが主流となってきています。

WEBで軽自動車を探しているユーザーはどちらかというと嗜好性が薄く、低予算帯となっています。そのため、低価格帯の軽自動車をTOPページで沢山見せてあげることで

「何だか安くていっぱい在庫を持っているお店」というイメージをユーザーに与えることが

可能となるのです。逆に人気車種と言ってTOPページにスライドタイプの高価格帯を載せすぎていたりすると、「高いお店」という印象を植え付けてしまい直帰に繋がってしまう可能性が高まってしまいます。

②チラシをWEB広告で拡散

直近の軽39.8万円専門店で顕著となっているのが「WEB×チラシ」の取り組みです。

普段チラシを配布しない会社様でも、自社HPに掲載するためだけのチラシを制作し、

そのチラシをリスティング広告やSNS広告を用いて拡散させています。

そのため、チラシがきっかけで来店したお客様の数が昨年対比で600%となるようなビックリ事例も生まれてきています。

③LINE@による新規客対応

LINE@を活用した自社HP、ポータルサイトの問い合わせ対応も是非取り組み始めてほしい事柄の一つです。

LINE@を利用するメリットとしては

・メールよりも開封率、返信率が高い

・写真を用いたコミュニケーションが可能

・連絡のすれ違いが減る

などが挙げられます。

LINE@の導入は基本的な内容であれば0円から可能となりますので、

ぜひ自社HPへのバナー設置と、店舗POPの作成など進めていただければと思います。

 

いかがでしたでしょうか。

すべて明日から実践することのできる比較的ハードルの低い取り組みかと思います。

WEB関連の取り組みをやりきれていない中古車販売店様におかれましては、

まず車販に特化した在庫掲載型の自社HPを開設し

上記3つの取り組みから進めていただきたいと思います。

下記セミナーでゲスト登壇していただく会社様も、

2018年度はWEB集客に注力され単店1,000台販売を達成されました。

セミナー講座ではWEB集客を爆発的に伸ばされた秘訣についてもひも解いていきますので

ご興味のある方はご参加いただければと思います。

【セミナーのご案内】

・セミナー名:単店なのに、月間粗利2,000万円達成!成功事例紹介セミナー

・日時:2019年6月20日(木)

・場所:東京会場

・講師:

株式会社 ベネフル 代表取締役 杉本佳嗣 氏

船井総研モビリティ支援部 グループマネージャー 菊池正寛

船井総研モビリティ支援部 マーケティングコンサルタント 文野陽太

 

・セミナーのポイント

なぜ、ローカル都市でも実績が出たのか?
ローカル都市では、すぐに1番になることが可能です。大手中古車販売店も出店しづらいため、あるカテゴリーで1番になれば安定的に実績が上がります。事例企業は、一拠点集中型の旗艦店を作られ、地域一番企業になったことで月間平均来店数は207組(2018年1月~12月までの実績より)と、集客に困らなくなりました。

なぜ、1店舗でも実績が出たのか?

単店のメリットは、経営者・幹部が現場に近いため、「質」の高い店舗運営ができる点です。この会社では、各社員に分業制を取り入れることで1つ1つの仕事の質が高くできました。代表例は、WEB集客の責任者です。そこに責任者をつけることで、ポータルサイトへの在庫アップロード、返信対応、写真の画質など通常営業スタッフが兼務している仕事を分業化でき、一般的な中古車販売店よりも高い質を維持しています。セミナーでは、モデル企業が「どこに」「だれを」「どのタイミング」で振り分けているのかをお伝えいたします

なぜ、営業素人でも実績が出たのか?

事例企業の平均年齢は、24.6歳と比較的若いメンバーで構成されています。営業メンバーは全員、中古車販売の素人です。TOP営業スタッフは、27歳の女性です。セミナーでは、中古車販売の経験が未熟でも売れるお店になる方法をご紹介します

なぜ、軽自動車でも実績が出たのか?

一般的には、儲からないと思われている軽自動車。実は、軽自動車の儲け方にはコツがあります。門外不出の軽自動車攻略の方法をお伝えします。

 

 

*セミナー詳細はこちら!!*

https://sem.kuruma-biz.com/seminar/044543/

 

皆様のご参加を心よりお待ちいたしております。

 

 

【無料経営相談はこちらから!】

http://kuruma-biz.com/?name=0114

 

【その他成功事例多数公開中!経営者なら一度は見る価値ありです】

http://kuruma-biz.com/

 

今後ともよろしくお願い申し上げます。

 

モビリティ支援部 文野陽太

お問い合わせ
【お電話のお問い合わせはコチラ】
03-6212-2931

(受付時間)9:30~17:30 定休日 / 土日祝

担当:カトウ・オオタニ

※お電話いただく際に、船井総合研究所
オートビジネス支援部のサイトを見た
とお伝えください。

【メールでのお問い合わせはコチラ】
お問い合わせ